気になるエラの悩みはボトックス注射の施術で解消しよう!

副作用が現れることもある

女性

ボトックス注射の副作用

様々な悩みを解消できるボトックス注射の施術ですが、まれに副作用が現れることもあります。考えられる副作用としては、主に注入箇所の筋肉が動かしにくいことやアレルギー症状が挙げられます。筋肉が動かしにくくなるのは、適切な注入量よりも多く注入してしまった場合によく見られます。小顔効果やシワ取りを目的としてボトックス注射の施術を受けた場合、表情を作りにくいと感じたり、顔の筋肉が動かしにくくなったりして、食事にも支障が出ることがあります。そうなってしまうと、人と接するときに気になったり、食事に時間がかかったりしてしまい、不便を感じてしまいます。また、ふくらはぎにボトックス注射の施術を受けたときには、歩行にも影響が出てしまうことがあります。脚に力が入りにくくなってしまうと、歩きにくくなったり転びやすくなったりしてしまい、大変危険です。こうなってしまうと、安心して生活を送ることができません。しばらくすると元に戻りますが、なるべくは避けたいものです。そのためには、施術実績が豊富な美容クリニックを選ぶ必要があります。技術力が高いほど適切な注入箇所や量を見極められるので、副作用を避けることができます。
ほかにも、施術を受けた方の中にはアレルギーを発症する方もいらっしゃいます。美容整形の施術で使用されるボトックスは安全性が確認されていますが、体質によってはアレルギー反応が出ることもあります。それを避けるためには、カウンセリングのときに医師と体質についても相談し、施術を受けても大丈夫かどうか確認しておきましょう。アレルギーの症状は、吐き気やめまいなどが確認されていて、人によっては発熱や風邪のような症状が出ることもあります。もし施術後に体調が悪くなったり、異変を感じたりしたらすぐに医師に診てもらいましょう。アレルギーは体質も大きく関わってきますが、ボトックスの品質が影響することもあります。品質が良いボトックスを使用している場合は、アレルギー症状が出る可能性は低いです。そのため、品質が良く、安全性が確認されているボトックスを使用している美容クリニックで施術を受けるようにしましょう。認可を受けているものや、世界的なシェアが高いボトックスを使用しているところは安心できます。また、ダウンタイムの過ごし方によっても、副作用を避けることができます。ボトックス注射の施術後、しばらくはマッサージを控えるよう指導を受けますが、これを守らないと施術箇所に内出血が出ることがあります。また、刺激してしまうことによって筋肉が動かしにくくなるという副作用が現れるケースもあります。すぐにマッサージをしてしまうと、副作用だけでなく、凹凸ができて仕上がりがいびつになってしまうこともあるので、医師の指導は守るようにしましょう。